遺品整理の秘密解明

どういった遺品整理のサービス内容があるのか?

故人が残した思い出の品などは単純に必要であるか不要であるかだけではありません。遺品整理に関してどんな作業があるのかをまとめます。
遺品整理の秘密解明image
どういった遺品整理のサービス内容があるのか?

親族・ご家族が亡くなった場合で、一人住まいの場合は遺族側が生活用品や物品全般・家電製品を仕分けして対応しなければなりません。

ですが、なかなか出来ない場合は第三者に依頼することもできます。

最近は遺品整理を専門にしている業者も増えてきています。

少子高齢化・核家族の影響もあるのでしょう。

今回は【どういった遺品整理のサービス内容があるのか?】を具体的にご紹介しましょう。

★遺品整理は故人が残した物品全般を整理・仕分けします。

ご遺族に形見分けして引き取ってもらう思い出の品や利用できる家電製品・美術品・骨とう品など財産価値があるものと廃棄しなければならないゴミと分けます。

単純に必要であるか不要であるかだけではありません。

遺品整理に関してはどんな作業があるのかをまとめます。

★遺品の分別作業

遺族に渡す形見分けと廃棄品に分ける。

まだまだ使える物品は買い取り:不要品の中でリユース・リサイクルできるものがあれば、積極的に買取をしてくれます。

不要品は適切に処分:地方農村部ならば独特のルールがあります。

各自治体のルールに沿って適切にゴミ処理場・ゴミ処分場で廃棄処分をします。

★遺品の供養

神棚や人形など遺品をそのまま廃棄できないものは「お炊きあげ供養」をします。

★室内・部屋の清掃

故人が一人暮らしをしているケースは、遺品整理を完了したあとに掃除をします。

★手続きの代行

もしも、遺品に自動車や保険があれば、代行して手続きをしてくれる業者もあります。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント

Copyright By 遺品整理の秘密解明. All Rights Reserved.