キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 遺品整理の秘密解明

遺品整理の秘密解明

遺族がする遺品整理と第三者による遺品整理の違い

故人の遺品を引き継ぐ人たちが相談をしながら、物品全般を分け合う、また不要品は廃棄する。そうした一連の作業を遺品整理と言います。
遺品整理の秘密解明image
遺族がする遺品整理と第三者による遺品整理の違い

故人が生活用品として利用していた物品全般を仕分けして残すかゴミとして廃棄するかをすることが遺品整理です。

原則遺族が行うわけですが、最近は遺品整理ネクストのような専門の業者が対応したり、引越し業者が代理で作業をしたりします。

今回は【遺族がする遺品整理と第三者による遺品整理の違い】についてお話をします。

★遺族側が行う遺品整理

生前整理を行っている場合はいいのですが、一人暮らしをしていた親族が孤独死をしていたケースもあります。

その場合は故人の代わりに家族・親族などの遺族が遺品整理をしなければなりません。

故人の遺品を引き継ぐ人たちが相談をしながら、物品全般を分け合います。

不要品は廃棄します。

遺品に箪笥預金があったり有価証券の資産がある場合は、遺族同士が揉めないようにしましょう。

★用品回収業者や遺品整理業者など第三者に依頼する場合

遺族だけでは遺品整理をしきれない場合は、プロに依頼をします。

専門的な資格を取得していないモグリの業者もいます。

専門資格を取得しているスタッフが担当してくれるのかも確認しておきましょう。

とりわけ故人が賃貸物件の部屋にお住まいの場合は、退去しない限りは家賃が発生します。

極力早く遺品整理は完了させなければなりません。

プロにまかせれば遺族の気持ちに寄り添いながら丁寧に仕分けをしてくれます。

用品回収業者の場合は使える家具や家電製品があれば買取をしてくれます。

廃棄するゴミはゴミ処理場・ゴミ処分場まで運んでくれますので安心です。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント

Copyright By 遺品整理の秘密解明. All Rights Reserved.